Ital Villgeトップページ >> アジアンスタイル
アジアン雑貨・エスニック雑貨のItal Village アジアンスタイル

Ital Villageのアジアンスタイル

店名の「Ital」とは、「自然な(ナチュラル)」という意味です。
私たちは、そんな自然あふれる中で生活をしているアジア各国の人たちが一つ一つ心を込めて作った雑貨に触れることによって、自然の大切さを感じ、よりナチュラルな生活をしていきたいという思いから「Ital Village」という名前を店名にしました。
アジアン雑貨の多くは天然の素材から出来ております。
天然素材だからこそ伝わってくる自然の温もりを感じながら、身も心もナチュラルでありたいと思っています。
Ital Villageの雑貨を通して皆様に、自然の大切さ、ナチュラルなアジアンスタイルを提供したいと思っております。

アジアンスタイル カレン族シルバーアクセサリー

タイ カレン族シルバー
タイの主要な山岳民族のほとんどは、古くから継承されてきた民族独自の伝統的なデザインをもち、それらを施した シルバーアクセサリーを装飾品として身につけています。
カレン族シルバーもそんな中の一つでした。
彼らはあくまでも自分たちが身につけるものとしてシルバーアクセサリーの装飾品を作り続けていましたが、ある銀細工師が貧しい生活の中に現金収入を得るために自分たちが作ったシルバー製品を町に持っていき売り始めたのをきっかけに、今のように多く知られるようになりました。
そのカレン族のシルバーの刻印には一つ一つに全て様々な意味があります。
悪霊や災いから身を守るための魔除けや神へのお供え物などです。
また、身近な動植物や生活道具を象ったものも多くあります。
そんなカレン族の村で作られるシルバーの装飾品には、自然の中で暮らす彼らの自然に対する敬いの気持ちが込められているように感じます。
タイ・ミャンマー・ラオスの国境が接する地点に住む、タイの山岳民族 カレン族。
一つ一つ手仕事によるシルバーアクセサリー。
伝統的な刻印のその全てに意味があり、彼らの様々な思い・願いが込められています。
長い時間をかけて受け継がれてきた技法・刻印・思想。
「自然と共存する」の元、彼らの作り出すものに、私たちItal Villageが共鳴できる何かがあります。
タイ カレン族シルバー・アクセサリー

Line
アジアンスタイル ガムランボール

ガムランボール
ガムランとはインドネシア・バリ島に古くから伝わる青銅製の楽器を中心とし、宗教儀式や冠婚葬祭の時などに演奏される音楽です。
そのバリ島の伝統音楽「ガムラン」を奏でる楽器と同じ材料を使って作ったものがガムランボールです。
「神々の澄む島」といわれるバリ島ではいろいろなお守りがありますがガムランボールもその一つでガムランボールには様々な神秘的なパワーが秘められています。
丸い形は神が宿るといわれている月を表しており、モチーフも海や星、花などの自然なものが表現されそれらが、神秘的なパワーを持つといわれています。また、ガムランボールを振ると”シャリーン”という幻想的でとてもきれいな音がしますがこの音がストレスを減らし癒しになると共に「邪気をはらう」とも・・・。

Line
アジアンスタイル セラドン焼き

セラドン焼き
タイのセラドン焼きとは、タイ北部のチェンマイを代表する翡翠色をした
とっても美しい高級陶磁器です。
タイには、3大陶器と呼ばれる、セラドン焼き・ベンジャロン焼き・青白陶器(ブルー&ホワイト)が ありますが、その中でもセラドン焼きは最古の歴史を持ち1番使いやすい陶器です。
セラドンの大きな特徴として細かいヒビが入っています。
これは使い続けていくことによって、このヒビ割れに色が染み込んでいき独特の深みが出てきます。
その上、硬度が高く非常に丈夫なので日常に使う食器としてもとても便利です。
そして、食器は料理の種類によって盛り付けなどを考え選びますが、セラドン焼きは、和・洋・中問わずどんな料理にも合わせやすい食器です。
高級感もあり、でもどんな料理にでも合う丈夫なセラドンの名前の由来とは、古代インドのサンスクリット語の「緑の石」という意味から青磁器の事を意味するようになりました。そして、古来より緑色の翡翠と同等に大切に保護されたセラドンは幸福と成功を導くといわれます。

アジアン雑貨・エスニック雑貨・アジアンアクセサリーならItal Village SHOPへ